ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 個人住民税

個人住民税

担当 : 税務課 / 掲載日 : 2021/10/25

個人住民税とは

個人住民税は、市区町村や都道府県が行う行政サービスに要する費用について、住民に幅広く負担を求める性格の税金で、市民税と県民税からなります。それぞれ、一定額が課税される均等割と、所得に応じて課税される所得割で構成されています。

 

納税義務者

  個人住民税の納税義務者は、次のとおりです。

納税義務者 均等割 所得割
市内に住所がある人
市内に住所はないが、事務所などまたは家屋敷がある人 ×

 

個人住民税が課税されない方

均等割も所得割も課税されない人

  1. 生活保護法の規定による生活扶助を受けている人
  2. 障がい者、未成年者、ひとり親または寡婦で、前年の合計所得金額が135万円以下の人

 

均等割が課税されない人

前年中の合計所得金額が次の金額以下の人

同一生計配偶者、扶養親族がいない人 38万円
同一生計配偶者、扶養親族がいる人 28万円×(本人、同一生計配偶者、扶養親族の合計数)+26.8万円

 

所得割が課税されない人

前年中の合計所得金額が次の金額以下の人

同一生計配偶者、扶養親族がいない人 45万円
同一生計配偶者、扶養親族がいる人 35万円×(本人、同一生計配偶者、扶養親族の合計数)+42万円

 

税率

個人住民税の税率(税額)は、次のとおりです。

均等割

市民税 3,500円

県民税 2,000円

※県民税のうち、500円は通称「森林環境税」として森林環境の保全のために使われます。

   所得割

市民税:6%

県民税:4%

 

計算方法

計算方法

所得の種類

所得の種類 基本の計算方法
利子所得 公社債、預貯金の利子など 収入金額=所得金額
配当所得 株式、出資に対する配当など 収入金額−元本取得に要した負債の利子
不動産所得 地代、家賃、権利収入など 収入金額−必要経費
事業所得 農業、漁業、卸売業、小売業、サービス業など各種事業 収入金額−必要経費
給与所得 俸給、給料、賃金、賞与など 収入金額−給与所得控除額
退職所得 退職手当、一時恩給など (収入金額−退職所得控除額)×1/2
山林所得 山林を売ったとき 収入金額−必要経費−特別控除額
譲渡所得 土地、建物などを売ったとき 収入金額-(取得費+譲渡費用)-特別控除額
一時所得 生命保険の一時金、車券や馬券の払戻金など 収入金額−必要経費−特別控除額
雑所得 公的年金など、個人年金、原稿料など、他の所得に該当しないもの

(1)と(2)の合算額

(1)公的年金等の収入金額-公的年金等控除額

(2)その他の収入金額-必要経費

※一時所得は、所得金額の1/2が課税対象となります。

 

所得控除

所得控除とは、扶養親族や障がいの有無、医療費の支払額など、個別の事情を考慮し、実情に合った税負担を求めるため、所得から差し引くものです。

所得控除の概要と計算方法については、次のとおりです。


 

税額控除

税額控除とは、税額を算出した後にその税額から差し引く額のことで、住民税には次のような控除があります。

  1. 調整控除
  2. 配当控除
  3. 住宅借入金等特別控除
  4. 寄附金税額控除
  5. 外国税額控除
  6. 配当割・株式等譲渡所得割額の控除

 

納付の方法

  1. 給与特別徴収・・・給与から天引きして納める方法
  2. 年金特別徴収・・・年金から天引きして納める方法 
  3. 普通徴収・・・納付書で納める方法(口座からの引き落としも可能です)

 

個人住民税の申告について

申告が必要な方

その年の1月1日現在に須崎市に住所のある方で、前年中に所得のあった方は、申告書の提出が必要です。所得税の確定申告をする必要のない方も申告してください。

 

営業所得、農業所得、不動産所得がある方

  • 税務署へ確定申告書を提出した場合は、市役所への申告は不要です。

給与所得がある方

  • 勤務先から給与支払報告書が提出されていない方(日雇い、アルバイトの方)
  • 給与所得以外に農業所得や不動産所得、一時所得などがある方
  • 年末調整で申告していない扶養控除や社会保険料控除、医療費控除などがある方

公的年金所得者の方

  • 公的年金等所得の他に、農業所得、不動産所得、雑所得、一時所得などがある方
  • 社会保険料控除(年金天引き分を除く)、扶養控除、医療費控除などがある方

前年中に収入がなかった方

  • 前年中に収入がなかった方は、申告の義務はありませんが、証明書発行や、国民健康保険税、介護保険料、後期高齢者医療保険料を算定するための資料となりますので、収入がなかったことの申告をしていただくことをお勧めします。

 

申告に必要なもの

1.マイナンバー確認書類と身元確認書類

2.前年中の所得の計算に必要な書類

給与所得の源泉徴収票(なければ給与明細など支払金額が分かるもの)、公的年金などの源泉徴収票、事業の収入や経費を記入した収支内訳書 など

3.控除の計算に必要な書類

医療費控除の明細書、国民年金保険料、生命保険料、地震保険料の控除証明書、障害者手帳、寄附金の領収書  など 

※収支内訳書や医療費控除の明細書は必ず計算して持ってきてください。

 

申告期限

2月16日から3月15日

※期限日が土曜日の場合は翌々日、日曜日および祝日の場合は翌日が期限となります。

 

 

 



PDF

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページに関するお問い合わせ

税務課 市民税係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-1291  Fax:0889-42-9689

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ