ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 須崎市中間管理住宅として活用する空き家の募集について

須崎市中間管理住宅として活用する空き家の募集について

担当 : 元気創造課 / 掲載日 : 2024/07/01

須崎市中間管理住宅として活用する空き家を募集します。

中間管理住宅とは

移住・定住促進を目的として、市が所有者より借り上げた市内の空き家を改修し移住者及び移住希望者に賃貸する住宅のことです。

対象となる物件

〇 市内にある居住の用に供する建物で、現に人が居住していない建物

〇 移住・定住希望者等に転貸することに同意が得られるもの

借り上げ期間

定期契約の締結日から10年に達する日以降における最初の3月31日まで。

借り上げ料

対象物件の固定資産税額を基準として空き家所有者との協議により決定します。
※初年度は1年を365日として日割り計算した額

申込受付期間

令和6年7月1日(月)~ 令和6年7月31日(水) 17:00まで

申込みについて

申込書に必要書類を添付して元気創造課までご提出ください。

添付書類
・登記事項証明書
・中間管理住宅に係る申込、契約等に関する同意書
 (相続財産の場合、申込者以外の相続権がある方全員の同意書が必要です)



注意事項について

〇 申込みをしていただいた物件が必ずしも事業対象となるわけではありませんので、ご了承ください。

〇 市と空き家所有者との契約方法について
  契約については、10年間の定期建物賃貸借契約により契約を締結します。

〇 市の行う改修工事について
  物件の改修については、耐震改修、水回りの改修等、住宅性能の向上に資するリフォーム工事や外壁、屋根工事等を必要に応じて行います。
  なお、改修工事に係る費用については、所有者の負担はありません。

〇 市が所有者へ物件を明け渡す際について
  賃貸物件を市が所有者に明け渡す際において、市は工事前の状態に戻す義務を負いません。

〇 物件の売却等について
  所有者は、市との契約期間中、市長の承諾を得ないで、賃貸物件を第三者に売却したり、担保権や利用権の設定を行うことはできません。

〇 事業対象物件の選考について
  物件の選考については、下記の内容等を踏まえ選考します。
  1 改修に要する費用が、市の定める上限以内のもの
  2 市が移住・定住希望者等へ転貸することに所有者の同意が得られるもの
  3 主要な道路からの位置関係など空き家所在地の立地条件
  4 駐車場などの付帯施設の有無 など


このページに関するお問い合わせ

元気創造課 元気創造係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-3951  Fax:0889-42-7320

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ