ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 4月・5月すさきニュース

4月・5月すさきニュース

担当 : 企画政策課 / 掲載日 : 2018/06/27

4月・5月に須崎市で行われたイベントを紹介します。

日本食研実業団トライアスロン部須崎合宿

4月9日〜13日の間、日本食研実業団トライアスロン部が、須崎市立スポーツセンターカヌー場と昨年10月に新しく整備したシーパーク大島を拠点に合宿を行いました。
合宿は今年で4回目で、期間中には相澤監督と須崎ジュニアアスレチッククラブが交流するなど、新たな取り組みも行われました。


写真


画像


須崎ジュニアアスレチッククラブとの交流事業。実際に動きながら指導する相澤監督。


写真


東京オリンピック・パラリンピックに向けて

須崎市では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会に参加する海外チームの事前合宿誘致や、スポーツ、文化などの交流を推進するホストタウンの取り組みを行っています。

4月20日、シンガポールのスポーツ振興を目的としている機関「スポーツシンガポール」が、スポーツセンターカヌー場とシーパーク大島の視察を行いました。
視察では船に乗って大島海岸のカヌーレーンを実際に見てもらうなど、須崎市の海洋スポーツ環境をPRしました。


画像


4月27日〜5月8日の期間には、チェコの男子ソフトボールU19代表チームが合宿に訪れました。


画像


合宿期間中には選手がドラゴンカヌーを体験するなど、須崎体験を楽しんでもらいました。


画像


新荘川へアユを放流

5月11日、新荘川漁業協同組合や地元の人の協力のもと、新荘川へアユの放流を行いました。
今年は新荘小学校児童と上分小学校児童、上分保育園の園児が放流を手伝いました。


画像


須崎台場展開催

5月3日〜20日の間、地域おこし協力隊の甲斐隊員が企画した「須崎台場展」が、すさきまちかどギャラリーで行われました。
台場に関係する写真や絵などが展示され、来場者は台場に関する歴史を学びました。


画像


甲斐隊員手作りの土佐藩砲台跡の模型。


画像



ページのトップへ