ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 退職者医療制度について

退職者医療制度について

担当 : 市民課 / 掲載日 : 2015/02/26

退職者医療制度

 退職して年金を受けている64歳以下の方の医療制度

対象となる方
1〜3の条件すべてにあてはまる方と、2の条件にあてはまるその家族(被扶養者)が対象となります。

  1. 国保に加入していること
  2. 64歳以下であること
  3. 厚生年金や各種共済組合等(国民年金は除く)の老齢年金や退職年金等の支給を受けている方で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降に10年以上あること。

退職者医療の被保険者となるとき

 年金受給権が発生した日が退職者医療の被保険者となる日です。年金証書を受け取ったら14日以内に国保の窓口に届け出をしなくてはなりません。

医療機関等に支払う費用

 自己負担額は一般の国保と同じです。
※65歳に達すると退職者医療の対象でなくなり、一般の国保の対象となります。


このページに関するお問い合わせ

市民課 保険医療係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-1355  Fax:0889-42-8520

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ