ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 5月すさきニュース

5月すさきニュース

担当 : 企画政策課 / 掲載日 : 2017/07/04

5月に須崎市で行われたイベントを紹介します。


安和小学生 田植え体験

5月9日、安和小学校の全校児童31人が、田植えを行いました。体験活動の一環で、地域の人の協力のもと、毎年行われています。
小雨の中での作業でしたが、児童たちは「楽しい!」「おもしろい」と声をあげていました。


画像


新荘川へアユを放流

5月11日、新荘川漁業協同組合や地元の人の協力のもと、新荘川へアユの放流を行いました。アユの放流は、新荘川における水産資源の維持増大を図ることを目的に行われています。
地域の子どもたちの体験活動にもなっており、新荘小学1・2年生17人と、上分保育園の年長組9人が放流を体験しました。


画像


わくわくチャレンジinすさき

5月16日・17日・18日の3日間、朝ヶ丘中学校の2年生68人が、須崎市内の事業所で職業体験学習を行いました。生徒は自分で選んだ職場で、社会での仕事に一生懸命取り組みました。


画像

画像


日本食研実業団トライアスロン部須崎合宿

5月22日から25日の間、日本食研実業団トライアスロン部が、スポーツセンターカヌー場を拠点に合宿を行いました。合宿は今年で3回目。「試合を想定した練習ができる」と、高い評価をいただいています。
写真は横浪スカイラインでバイクの練習をしている様子です。


画像


かわうそ未来塾

5月21日から27日の間、上分で地域を挙げて毎年開催しているかわうそ未来塾が行われました。上分小学校の4・5年生18人は、1週間公民館で寝泊まりをし、自炊や掃除洗濯、風呂だきを体験。友達や地域の人との絆を深めました。


画像

画像


第63回須崎市展

5月24日から29日にかけて、市民文化会館で須崎市展を開催しました。洋画・日本画・写真・書道・工芸などの作品195点の力作が寄せられ、来場者の目を引き付けていました。


画像



ページのトップへ