ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 津波ハザードマップ

津波ハザードマップ

担当 : 地震・防災課 / 掲載日 : 2015/02/21

 津波から命を守るためには、早めの避難が重要です。 お住まいの地域の津波浸水予測を確認するとともに、日頃からお近くの緊急避難場所・避難経路を把握するなど、地震後の津波に備えておきましょう。

津波ハザードマップ





































地区別津波ハザードマップ注意事項

 【津波浸水予測図】
○このマップは、南海地震トラフ巨大地震(高知県版第2弾)津波浸水予測を参考にし、最大クラスの津波による浸水域・浸水深を示しています。

  • 海岸堤防や河川堤防は「なし」の条件で推計しています。
    ※コンクリートで建設された堤防:堤防が全くない条件 です。
    ※土で築造された堤防:地震後は25%の高さに沈下し、津波が越流すると同時に「なし」の状態になります。
  • 浸水域や浸水深は、局所的な地面の凹凸や建築物の影響などにより、浸水域外でも浸水が発生したり、浸水深がさらに大きくなったりする場合があります。


 【浸水予測時間】
○このマップは、最大クラスの津波による浸水予測時間を示し、足を取られて動けなくなる高さの津波(浸水深30cm)がやってくる時間を示しています。

  • 揺れにより倒壊した家屋で津波の方向が変わったり、道路を津波が「走る」ことで、このマップで示した時間より早く到達する可能性があります。
  • 海岸堤防や河川堤防は「なし」の条件で推計しています。
    ※コンクリートで建設された堤防:堤防が全くない条件です。
    ※土で築造された堤防:地震後は25%の高さに沈下し、津波が越流すると同時に「なし」の状態になります。 


PDF

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


このページに関するお問い合わせ

地震・防災課 地震・防災係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-1236  Fax:0889-42-7320

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ