ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 寄附金控除/個人住民税

寄附金控除/個人住民税

担当 : 税務課 / 掲載日 : 2015/02/25

税制上の取扱い

 その年中(1月〜12月)の間に支出した寄附金のうち「控除対象寄附金」について翌年に「確定申告」または「個人住民税の申告」をすれば、同じ年中に得た所得にかかる税額から、下記の計算で求めた額が控除されます
 また、「ふるさと納税」の場合は、個人住民税について特例の控除も受けることができます。

【控除額計算】

  1. 個人住民税・基礎控除分
    {寄附金額(総所得額金等の30%まで)−2,000円}×10%
  2. 個人住民税・特例控除分
    (寄附金額−2,000円)×(割合)   個人住民税所得割の10%が限度額
    割合については、下記の表を参照ください。

 なお、山林所得、上場株式等に係る配当所得、長期譲渡所得などの所得がある時は、特別な計算が必要な場合があります

課税所得金額−人的控除差調整額(※2) 割合
〜平成25年度 平成26年度〜(※1)
195万円以下 85% 84.895%
195万円超〜330万円以下 80% 79.79%
330万円超〜695万円以下 70% 69.58%
695万円超〜900万円以下 67% 66.517%
900万円超〜1,800万円以下 57% 56.307%
1,800万円超 50% 49.16%

(※1) 平成26年度より、2.1%の復興特別所得税が創設された関係で、割合が変更となっています。

    (※2) 人的控除差調整額とは、所得税と住民税での控除の差額のことです


     人的控除差調整額一覧表

控除の種類 所得税分 住民税分 人的控除差調整額
基礎控除 380,000円 330,000円 50,000円
配偶者控除 控除対象配偶者 380,000円 330,000円 50,000円
老人控除対象配偶者 480,000円 380,000円 100,000円
扶養控除 一般の扶養親族
(16〜18歳・23〜69歳)
380,000円 330,000円 50,000円
特定扶養親族
(19〜22歳)
630,000円 450,000円 180,000円
老人扶養親族
(70歳以上)
同居老親等 580,000円 450,000円 130,000円
上記以外 480,000円 380,000円 100,000円
障害者控除 本人及び
扶養親族
障害者 270,000円 260,000円 10,000円
特別障害者 400,000円 300,000円 100,000円
同居特別障害者 750,000円 530,000円 220,000円
寡婦(寡夫)控除 一般の寡婦、及び寡夫 270,000円 260,000円 10,000円
特定の寡婦 350,000円 300,000円 50,000円
勤労学生控除 270,000円 260,000円 10,000円
配偶者特別控除 配偶者の合計所得金額 400,000円未満 380,000円 330,000円 50,000円
400,000円以上450,000円未満 360,000円 330,000円 30,000円

平成26年度改正点

 復興特別所得税が創設され、所得税分の寄附金控除額の計算方法が変わりました。
 これに伴い、個人住民税の寄附金控除の特例分では、復興特別所得税での控除額も含めて寄附金額のうち2,000円を超える部分について、全額控除できるよう調整されました。
 この調整は平成26年度から平成50年度まで適用されます。
 

寄付金

手続きについて

 今年中の寄附金については、「確定申告」、または「個人住民税の申告」を行なうことにより、控除を受けることができます。

参考リンク



このページに関するお問い合わせ

税務課 市民税係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-1291  Fax:0889-42-9689

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ