ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 補装具・日常生活用具について

補装具・日常生活用具について

担当 : 福祉事務所 / 掲載日 : 2016/02/10

補装具について

 補装具は身体障害者・児の失われた身体機能を補完又は代替する用具で、職業上その他日常生活での能率の向上、また、 身体障害児については、将来、社会人として独立自活するための素地を育成・助長することを目的としています。そのため、 給付については医師等専門職員、補装具販売・製作業者と連携を図り、身体の状況、性別、職業、教育生活環境等の諸条件が 考慮されます。
 補装具費の支給を受けるには、その部位の身体障害者手帳を持っていることと、購入や修理の前に申請することが必要です。

交付対象者

 補装具を必要とする障害部位の手帳を持っている方が対象ですが、補装具の交付や修理を受けるための要件があります。 申請する場合は、必ず担当までご相談ください。
 

申請に必要なもの

  1. 身体障害者手帳
  2. 申請書

※その他必要なものは、相談の際にお伝えします。
 

補装具の種類

障害部位 対象となる補装具の種類
視覚 盲人安全杖、義眼、眼鏡
聴覚 補聴器
肢体不自由 義肢、装具、座位保持いす、車いす、電動車いす、歩行器、歩行補助杖、起立保持具、頭部保持具、排便補助具、座位保持装置
肢体不自由・音声・言語 重度身体障害者用意思伝達装置

 ※装具によっては、更生相談所の判定が必要なものがあります。

補装具の交付や修理にかかる費用について

 補装具費の原則1割負担ですが、所得に応じて月額負担上限額を設定します。ただし、障害者本人又は世帯員のいずれかが 一定所得以上(市民税所得割額が46万円以上)の場合は、支給対象外となります。

日常生活用具について

 在宅で生活している障害のある方が、日常生活を容易にするために使用する用具で、障害の種別や程度、年齢によって 給付できる用具が異なります。給付を希望する用具がある場合は必ず事前に担当までご相談ください。介護保険の対象となる 人は、介護保険サービスが優先しますが、介護保険にない用具については、給付することができます。なお、用具の修理につ いては対象となっていません。
 

給付の対象者


 日常生活用具は各種手帳を持っている方が対象ですが、各用具により、支給要件がありますので、給付を希望される方は担当窓口までご相談ください。

申請に必要なもの

  1. 申請書
  2. 各種手帳

日常生活用具の種類

障害部位 対象となる日常生活用具の種類
視覚障害 視覚障害者用ポータブルレコーダー(又はテープレコーダー)、視覚障害者用時計、
点字タイプライター、電磁調理器、音声式体温計、音声式体重計、視覚障害者用拡大読書器、
歩行時間延長信号機用小型送信機、点字ディスプレイ、視覚障害者用活字文書読み上げ装置、
点字器、情報・通信支援用具 等
聴覚障害 聴覚障害者用屋内信号装置、聴覚障害者用通信装置、聴覚障害者用情報受信装置 等
肢体不自由 便器、特殊便器、特殊マット、特殊寝台、訓練いす、特殊尿器、入浴担架、体位変換器、T字、
棒状のつえ、携帯用会話補助装置、入浴補助用具、移動用リフト、移動・移乗支援用具、
居宅生活動作補助用具(住宅改修)、情報・通信支援用具 等
内部疾患・その他 透析液加温器、酸素ボンベ運搬車、ネブライザー、電気式たん吸引器、火災警報器、自動消火器、
頭部保護帽、人工喉頭、紙おむつ(乳幼児期以前に発現した脳原性運動機能障害)、収尿器、
ストマ装具 等

給付にかかる費用について

 日常生活用具費は原則1割負担ですが、所得に応じて月額負担上限額を設定します。ただし、障害者本人又は世帯員の いずれかが一定所得以上(市民税所得割額が46万円以上)の場合は、支給対象外となります。


このページに関するお問い合わせ

福祉事務所 障害福祉係

〒785-8601 高知県須崎市山手町1番7号
Tel:0889-42-3691  Fax:0889-42-1190

担当課へのお問い合わせ


ページのトップへ