ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

HOME > 須崎市公共下水道等運営事業に係る資産評価等調査(その1)委託業務にかかる公募型プロポーザルへの質問に対する回答

須崎市公共下水道等運営事業に係る資産評価等調査(その1)委託業務にかかる公募型プロポーザルへの質問に対する回答

担当 : 建設課 / 掲載日 : 2017/04/13

須崎市公共下水道等運営事業に係る資産評価等調査(その1)委託業務にかかる公募型プロポーザルへの質問に対する回答を掲載します。


質問1 実施要領3ページ (10)イ)、(12)イ)、(15)イ)に記載のある下水道台帳システムの業務実績(管路及
     び施設)は、具体的にどのような施設を想定されていますか。

 回答 (管路及び施設)については、以下を想定しています。
      管路:下水道幹線管路及び枝線管路
      施設:管路施設に付随する公共桝、取付管等


質問2 実施要領3ページ(14)に記載のある資格については、技術士(総合技術監理部門を含む)を保有する
     資格者は、RCCM(下水道)資格を有するものと解釈できますが、RCCM(下水道)の資格がない場合
     は担当者としては、選任できませんか。
     またRCCM(下水道)の資格保有のみの場合は、担当者としては選任できませんか。

 回答 実施要領3ページ(14)担当者技術者資格については、以下のとおりとします。
     担当技術者は、技術士(上下水道部門―下水道)、技術士(総合技術監理部門―上下水道・下水
     道)、RCCM(下水道)のいずれかの資格を有し、業務全般において管理技術者の指示により担当
     業務を行うものとします。


質問3 実施要領P9(10)その他(1)租税について、証明日の制約はありますか。
     また原本が必要ですか

 回答 納税証明は、3カ月以内のものとしてください。原本は不要です。



ページのトップへ